敏感肌の人のファンデーション

 

敏感肌の方の中にはファンデーションをつけると肌に負担がかかるため、何もつけないほうがいいと思っている方が多いと思います。
ですが、何もつけないと紫外線を直に吸収したり、汚れが付いたりと逆に負担がかかってしまいます。

 

なので、フェイスパウダーをつけることをおすすめします。

 

最近流行っているミネラルファンデはせっけんで落ちることが特徴ですが、実はカバー力アップのために色々な成分が入っているので落とすときはクレンジングで落としたほうがいいです。

 

たくさんのファンデーションが売られていますが、パウダーやリキッドと種類も豊富で買うときに悩む方も多いと思います。
パウダーファンデーションのほうが紫外線カット率が高いのでパウダーファンデーションを使ったほうが良いです。

 

また、化粧下地は皮脂分泌の原因になるので使わないことをおすすめします。
フェイスパウダーにせよ、パウダーファンデーションにせよパフが汚れているのは一番良くないです。

 

汚れの中に細菌が繁殖して肌が荒れる原因になるので、こまめに洗うようにしましょう。また、今は雑貨店などにパフがたくさん入って売っているのでできれば使い捨てすることを化粧品売り場の方に勧められました。

 

クリームファンデーションには油分が多く入っており、さらに油分を保つための防腐剤なども多く含まれているため、肌には相当な負担になります。敏感肌でない人にはカバー力もあるのでクリームファンデーションやリキッドファンデーションのほうがいいとは思いますが、敏感肌の人はNGです。

 

今は敏感肌用の化粧品もたくさん売られているので、極力刺激の少ないものを使うことが一番良いのですが、買うときは化粧品売り場の方に相談してみたり、最初に使うときは目立たない場所へ少しつけて肌に異常がないかを確かめてから使うほうがいいと思います。

 

日常使いにはフェイスパウダー、しっかりメイクの日にはパウダーファンデーションといったように敏感肌の合うファンデーションで使い分けをして、肌に負担がかからないメイクを心掛けましょう。